広告表示オプションをより表示させるには?

広告表示オプションが表示されない!

普段リスティング運用していると、
広告表示オプションがあんまり表示されない
なんてことありませんか?

リスティングをある程度経験している方なら理解している、
表示されるロジックから表示させる方法まで
解説したいと思います。

広告表示オプションは全て表示されるわけではない!?

広告表示オプションは必ず表示されるわけではありません。
GoogleとYahooで若干ことなりますが、
ロジックはほぼ変わりません。

Googleの広告表示オプション表示条件

  • 検索結果ページにおける広告の掲載順位
  • 入札単価
  • 広告ランクが一定以上高い場合
  • 検索時の状況
  • 有効になっている他の広告表示オプション

  • 表示される広告表示オプションと組み合わせは、
    オークションごとに利便性が高いものが選ばれ表示されます。

    通常掲載順位の高い広告よりも高くなるような組み合わせで、
    広告表示オプションが表示されることがないのは、

    Google広告自体が、通常広告よりクリック数が多く、
    広告表示オプションがクリックされることを許可されてないからです。

    つまり、掲載順位が低いものはそもそも表示されません。
    掲載順位が低いのは広告との関連性が無いもの(競合名)も、
    含まれるため、必ず表示されることは無いということです。

    補足として、広告との関連性が高いものであればどうか、
    という話になりますが、広告オークションの際に使用される、
    広告の質の部分で、

    また、広告との関連性に関しては検索クエリーと入稿キーワードが完全に一致することを前提としています。

    と記載されているので、完全一致以外のマッチタイプのキーワードは
    表示されない可能性がございます。

    広告の品質とは?

    Yahooの広告表示オプション表示条件

    Yahooに関しては、比較的シンプルになっておりますが、
    重要な部分はGoogleと変わりません。

  • 広告の品質
  • 掲載順位
  • 上記を考慮して決定されます。

    広告の品質ということなので、
    推定クリック率や広告との関連性、
    各種デバイスごとでの掲載実績などによって左右されます

    広告表示オプションを表示させる方法

    まず、広告表示オプションを表示させるためには、
    GoogleとYahooどちらにもある掲載順位を あげる必要があります。

    実際の経験としては、自社のサービス名の場合、
    掲載順位が高くなりやすいため、広告表示オプションが
    表示される可能性が多々あるように思います。

    上記を加味しないで通常のキーワードとして考えると、
    掲載順位が決まるための広告オークションで使用される、
    広告の質を上げるよう必要があります

    ここではあくまで一例を挙げますが、

  • デバイスごとでの最適化
  • デバイスごとで成果が良いものを強化する

  • 検索クエリにて除外キーワードの選定
  • 検索クエリにて、こちらの意図に反するクエリがあった場合、
    広告の品質が下がるためです。

  • 検索クエリをみて広告文の修正
  • ユーザーの実際の思考をクエリを見ることで判断し、
    意図にそった広告文に修正する。

  • タイトル文の修正
  • 広告の品質には、推定クリック率が含まれております。
    クリックされる確率が高いかどうかに関しては、
    タイトル文が大きく関わってくるためです。