GoogleのGorinとは?

Gorinとは?

画像と今回の記事は全くっもって関係ありません。笑
昨今、リスティング界隈では、やれアカウント構造やら、
やれ機械学習がどうとかと世話しないです。

ではそのルーツがどこなのか、
ここではその先駆けでもあるGoogleのGorinについて、
ご説明したいと思います。

GoogleのGorinプロジェクトとは?

Gorinプロジェクトとは2016年にGoogleが提唱し始めた、
広告運用における戦略の概念の1つです。

昨今ユーザーの行動が複雑化したりする中で、
Googleは機械学習に力を入れ、広告を最大限成果が出るように、
日々開発が進められております。

その中で広告運用者として、どのような戦略でもって、
広告運用をすべきかの考え方を提唱したものがGorinです。

現在では、昔のように手動で入札を調整したところから、
Googleのアルゴリズムによって自動で入札を調整したり、
検索ワードによってそのユーザーにあった広告を配信できるようになったり、
日々進化しております。

そのGoogleの多種多様な発展をうまく活用するために、
5つの考え方がありますのでご紹介いたします。

Gorinの5つの構成要素

1)アカウント構成の簡略化
2)リーチの最大化
3)ターゲティング
4)広告フォーマットの拡張
5)効果測定

アカウント構成の簡略化

Hagakureと同じ考え方になります。
昔の配信戦略のように広告グループを細分化しすぎず、
アカウント構成を簡略化することによって、
広告グループ内に必要数の情報を蓄える目的。

昔は1広告グループ1キーワードで、
広告配信をしているところもありました。
広告の品質が上がるため、成果が良いとされていましたが、

今となっては、広告カスタマイザや
レスポンシブ検索広告(RSA)などの導入によって、
ユーザーに合わせた広告配信がされるため、
細分化するメリットがなくって来てます。

【基本事項】
1)1つURLには1つの広告グループを作成すること
2)1つの広告グループには3本~5本の広告にする
※表示回数が寄ってしまうため
3)自動入札を導入することによってGoogleの機械学習に任せた配信を行う。

リーチの最大化

→アカウント構造を簡略化させたことによって、
1広告グループごとの情報がたまりやすくなるため、
リーチを最大化させることにより十分な情報量によって、
配信効率が上げる動き。

Googleでは検索パートナーサイトとして、
下記サイトにも配信できるため、
積極的に配信先として設定することを推奨します。

【Google:検索パートナー例】
・livedoor
・BIGLOBE
・goo
・OCN
・AOL.JP

また、インプレッション損失が出ないように配信するのも、
非常に重要になってきます。
インプレッション損失(予算)に関しては、

キャンペーン単位の1日の予算の設定によっては、
もっと広告が表示されてもよかったのに、
配信が抑制されてしまうことです。

その場合は、1日の予算を上げるか、
CPAが高ければ、配信を弱めるように設定しましょう。

ターゲティング

→Googleの「適切な人に・適切な情報を・適切なタイミング」で届けることにより、
無駄な配信を省き、広告としての成果が向上するため。
※これは戦略というよりGoogleのお願いに近いかもしれません。

また、最近では動的検索広告(DSA)がでてきたことにより、
設定したキーワードで網羅できないユーザーに対しても配信でき、
より詳細にターゲティングをすることが可能となります。

広告フォーマットの拡張

→こちらは広告の見える面を増やそうという動きです。
具体的には、広告表示オプションを活用することによって、
ユーザーが検索したさいに見える面を増やし、成果に繋げます。

広告表示オプションを設定することはもちろんのこと、
広告表示オプションは掲載順位が高い場合に表示されることが多いため、
広告の品質などにも気を使う必要があります。

広告表示オプションをより表示させるには?

効果測定

→顧客が広告を使用する目的に合わせたKPIを設定し、
判断基準として使用するため。
目的がブランディングなのか、認知施策なのか、コンバージョンなのか、

広告を配信する目的は様々なので、
KPIに応じた判断基準は設ける必要がございます。