Hagakureとは?

Hagakureとは?

画像は頑張って考えたのですが、
滑ってると思うので前もって謝罪させていただきます。笑

さて、Hagakureについてお話したいと思います。
HagakureとはGoogleが提唱するアカウント構造の話です。
配信戦略の概念のGorinの中に、「アカウントの構造化」について、
記載がされておりますが、Hagakureもその1つです。

Gorinとは?

Hagakureのアカウントの構造化とは?

HagakureとはGoogleが推奨するアカウント構造とお伝えしましたが、
やることとしては2つあります。
1)アカウント構造を簡略化する
2)簡略化によって表示回数が集約し、広告テストの頻度を上げる

上記を行うことによって、Googleが進めている機械学習により、
広告配信の最適化がされるという概念です。

アカウント構造を簡略化

Hagakure
アカウント構造を簡略化とは、
不必要にキャンペーンや広告グループを細分化しないことです。
昔は1広告グループ1キーワードを設定することによって、
キーワードと広告との関連性を上げて成果を上げるという概念でした。

ただ、現在では、検索語句に応じて広告を配信してくれるレスポンシブ広告や 2014年にローンチされた、キーワードに応じてタイトルを可変してくれる
広告カスタマイザなど自動化してくれる部分もあり、
細分化する必要がなくなりました。

表示回数集約化によるアカウント構造を簡略化

Hagakure集約化
Hagakure構造をすることによって、表示回数が集約します。
表示回数が集約すると短期間で成果を計測することが可能になります。

例えば、1週間で1週間で表示回数が、
1,000集まる広告グループが何個もあるより、
集約化して1週間で何千の表示回数で効果計測したほうが、
成果としてはより正確なものと言えるでしょう。

自動入札を入れていれば、キャンペーン内で成果の良い、
広告グループ、キーワードに配信が寄るので、
クリック率(CTR)やコンバージョン率(CVR)向上につながります。