Facebook広告画像20%ルール撤廃!?

広告ポリシーのアップデート

テキスト量が多い広告に関するペナルティ廃止

画像内のテキスト量が多い広告について

Facebook広告では様々なフォーマットのクリエイティブで
広告を配信できますが、
その中には画像内のテキスト量が多いことを、
良しとしていないルールがあります。

これを俗にいう「20%ルール」と呼ばれるものでして、
画像内の文字は20%未満でなければならないというものでした。

今までは文字が20%以上だと表示回数が極端に減っていた

今までの広告ポリシーであれば、
画像内のテキストが20%以上になっている広告に関しては、
表示回数のボリュームが極端に減って、
配信すらままらならない状態になっていました。

アップデート後は結局どうなるの!?

アップデート後も引き続き文字は20%未満は推奨のようです。

Facebook広告全体の傾向としては、
テキスト量が20%未満のクリエイティブの方が、
成果が上がりやすいという報告があるようなので、
できるだけ20%未満のクリエイティブで広告を配信することを推奨いたします・・・

画像内文字20%未満かどうか確認する方法

画像内文字20%と言われても、
目視で確認するのは困難ですよね?

Facebookもそこまで鬼畜なことはしません。
一応テキストオーバーレイツールというものがあります。
ただ、これも確実というわけではありません。

何回かやってると、NGの時もあれば、OKの時もあります。
これは機械が文字と認識しているかどうかによって、
差がでてしまうため、あくまで参考までにお使いください。
テキストオーバーレイツール