Googleデータポータルのおもしろ活用方法

Googleデータポータルとは?

Googleデータポータルに関してご存じの方も多いとは思いますがおさらいです。
初めての方もいらっしゃると思うのでおさらいです。

データポータルとは無料で利用できるBIツールになります

▼参照可能なデータ元一例
・Googleアナリティクス
・Google広告
・Googleスプレッドシート
・SearchConsole

Googleのサービスであれば基本連携できるので、
データを可視化して分析することができます。

私が良く使うのはGoogleアナリティクスのデータをデータポータルで可視化します。
なぜ可視化するかというと、無駄な集計が無くなるので分析のスピードが格段にあがります

現場で実務に至っている方は集計集計で日々の業務を圧迫しているのではないでしょうか。

今回はそんなデータポータルのおもしろ活用方法をご紹介いたします。

データをデータポータル化する方法


それではここからは実際にデータポータル化する方法をお伝えします。

データをデータポータル化する流れ

1.Googleマイドライブにログイン
2.マイドライブから「新規」から「その他」を選ぶ
3.複数の参照データからデータポータルで見たいデータを選ぶ
4.追加

これで完成です。

Googleデータポータル

この画面になったら後は簡単ですね。
データポータル化したいデータを選ぶだけです。
簡単にできるので日々の分析はほぼこれで完結できます。

データポータルというのは、
「対象のデータ元」→「データソース」→「データポータルレポート」として、
3段階に分かれてレポートとして生成されます。

そのため、データソースになるもとのデータを選ぶことが、
一番重要な作業になります。

実際のデータポータルの見え方

Googleデータポータル

こちらが実際の画面になります。

円グラフがあったり、表があったり、線グラフがあったり
わかりやすいですよね。
BIツールのいいところはこういうところにあると思います。

パッと見てわかりやすいから、分析のスピードがあがり
事業としては意思決定の質も上がります。

それでは続いてはデータポータルに日々触れていく中で、
私生活もちょっとデータポータル化してしまった拗らせた作者の
データポータルをお見せしたいと思います。

拗らせた作者のデータポータル

これは日々の食費で何にどれくらいお金がかかっているかなどを
データポータル化したものになります。

これをやっていくと、どのお店のどの食材が高いとか
どの食材を一番使っているか等すぐに見える化できます。

これもまたデータポータルの良いところです。
拗らせたデータポータルなのでマネする必要はありませんが、
ローデータがあってそれを見える化したい等があれば、
スプレッドシートをデータソースにしてしまえば今回のようなことができます。

スプレッドシートで上記のような形で1行目を項目、
2行目以降を項目に準ずるデータを入れ込むような形になります

毎回レシートを持って帰って入力するのが面倒なので今はやってありませんが、
覚えたことをすぐ実践することはいいことですよね。

ぜひ皆さんも試してみてください